手帳はアナログ派?それともデジタル派?

この時期、本屋に行くともう来年の手帳が販売されています。

手帳といえば、僕も社会人になって手帳を使っていました。

途中からシステム手帳を使ったりも。

だから、売り場に手帳があるとついつい手に取ってぱらぱらと見てしまいます。

デザインが良かったり、使い勝手がよさそうだったり、または最近流行りの「ほぼ日手帳」なんかの本を見てみるとああ楽しそうだな、と思ったり・・・

でも、僕はそうは思いつつも、ここ何年も手帳は買っていないんですよね。

なんでかというと、

理由その①自分の仕事スタイルにあったスケジュール記入ができるものがほとんどない。

仕事が、ほとんど午後から夜10:30頃までのことが多く、その辺りが記入のボリュームゾーンとして書けるようなものが、ない。

理由その②作りが小さいと、字が書きにくい!

手帳って、真新しくて使い始めのころは細い丁寧な字で記入するのに、使っているうちに次第に汚くなっていき、さらにそのうちその字の大きさでは記入すら面倒になって、はい、もう使いません状態に陥るのが、毎年繰り返され・・・

字は丁寧に書けないこともありませんが、かなりゆっくり時間をかけなければならず、実際の仕事現場ではそんな風に字を書いている余裕がないことが多いです。

しかも、まあ、字を書くって面倒です。

PCとかで打ち込んでしまった方が全然早く、見やすい。

理由その③デジタルデバイスを活用する方が楽!

PCをはじめ、スマホなんかで打ち込んでしまった方が管理は楽です。

とはいえ、完全にスマホしか使っていないのか?っていうとそういうわけでもなく、現在の僕はその両方を使っているのです。

でも、手帳は市販されているどのようなものでもなく、エクセルで自分用に作ったA4サイズの1週間単位のスケジュール表なのです。

こんな感じです。

画像


画像


実際は、簡単に綴じられるファイルに1か月分ごと挟んで、このようにどんどん書き込んでいきます。

画像


※個人情報が書かれているので塗りつぶしています。

仕事では、ガルーンを会社としては採用しているので、細かい仕事上のスケジュールはガルーンに入力しています。これはスタッフとスケジュールなどを共有しやすくするためです。

これが、ちょっと前までは自宅のPCでも閲覧可能で、しかもスケジュールをそっくりそのままiOSのiCalに同期できたので、iPhoneやiPadのiCalと同期して使いやすかったのですが、1、2年前から会社で活用しているネット関連はほとんどVPN対応となって家では見れなくなってしまい、よって自分のPCやスマホで同期することもできなくなってしまったんです。

これは明らかに不便です・・・

で、現状としては、仕事現場ではガルーンに仕事上のスケジュールをすべて入力し、また、自作エクセル・スケジュールをA4サイズの紙で打ち出したものをファイリングし、ルーチン以外のスケジュール項目を手書きでどんどん記入、さらにiPhoneのスケジュール管理アプリに手入力しているという、なんとも一手間二手間かかる方法で管理していますね。

ただ、スマホで管理するのはプライベートなスケジュールも入力しているので、全体的な管理はiPhoneということになります。

と、いうことで、僕は手帳はアナログとデジタルの折衷派、ということになります、か・・・



この記事へのコメント

  • ピコ太郎

    毎年手帳を買っているのですか??私は買いません、そんな手帳を使う仕事では無いですから~手帳に関わらず私はいつだってアナログ派何ですね~!!(^_^)vアナログが1番な~んてね~!!(*^_^*)(^O^) でも今までね~アナログで生活をしてきましたからこれからも私は、アナログ生活ですね~!!本当私的には、アナログの方があっています!!何せ、昭和生まれの人ですからね~!!(^_^;)
    2016年10月11日 07:13
  • taka_x_90

    コメントありがとうございます。
    手帳、毎年買っていませんよ(;´・ω・)
    エクセルで使いやすいモノ自作して使っていますよ。
    2016年10月11日 20:11

この記事へのトラックバック