青春女子学園ワンマン3rd参戦記@上野音横丁

青春女子学園のワンマン2nd(6/12Sun)に参戦してから2週間後の6月26日(日)、ぼくは新木場コーストと秋葉原ツインボックスのライブにも参戦した。

画像


2ndでは残念ながら目標を達成できなかった青春女子学園。

3rdではなんとか目標を達成させてあげたい!

そんな思いで、7月9日(土)の3rdまで待ち切れず、ぼくはホテルを予約して参戦したのだった。

まあ、次の日、ちょうど中野で社員会だったので、実はちょうどよかったのだ。

新木場コーストは「アイドル甲子園」というイベントの一環としての青SHUN学園のライブで、海側ステージの野外会場だったので、突き抜けた感じの晴れ晴れとしたパフォーマンスだったし、力の限りや開放もぼく的にはライブハウスの閉塞空間ではなく屋外だったのでこれもまた超楽しかった!

夜の秋葉原ツインボックスでのライブは対バンで、その中でMFガールズのステージもすごくいいなあと思った。

MFガールズはツインボーカルの2人組なのだが、とくにかれぴょんという子がピピッときた!

でもでも、ぼくの中では、愛未ちゃんがもう最高位に位置する推しであることには変わりはないのだけれど・・・

画像


愛未ちゃんのパフォーマンスはやっぱりキラキラ☆彡輝いているんだな。

応援していて、本当にエキサイトするもんね。

で。

ワンマン3rdリベンジは、7月9日の土曜日だったんだけど、土曜日はこの時期一番忙しい時期なんですよ

だから、かなり直前まで参戦については迷ったのが事実。

仕事のメンバーに迷惑をかけてしまうことはもう目に見えているから。

でも、ぼくはもう、その日にやらなければならないことはなんとか全力で調整し、本当は休みだった日曜日は出ることにしてそこで補えるようにしたのだった。

3rdは、とにかく参戦しなければ、仕事を理由に休んでしまったら、そういう人が多くなってしまったら、きっと達成は出来ない。

後で後悔はしたくないし、それよりなにより、リベンジを果たそうと必死でがんばっているメンバーたちを直接応援したかった!

その現場に一緒にいたかった!

残念ながら、前回一緒に参戦したライブ仲間はやっぱり仕事で無理になってしまい、でもそれは同じ仕事仲間だから理解できるし、仕方のないこと。

他の知り合いにもあたってみようとは思ったけれど、アイドルのライブに参加するような柄ではこれがまったくない感じの友達ばかりで、知り合いを誘うのは断念したのだった。・・・

その日、ライブは青SHUN学園主催のぴゅあ娘との合同ライブも昼間に1部2部とあって、そのあと夕方から青春女子学園の3rdワンマンだった。

ぼくは2部と、ワンマンに、どちらも愛未ちゃんから予約していた。

今までもそうだけれど、予約は愛未ちゃんからしかしません

なんと言っても、ぼくはそもそも、3月ぐらいに偶然みた、毎週木曜の夜8時からやっている愛未ちゃんのshowroomで愛未ちゃんのかわいらしさの大ファンになってから青SHUN学園を知ったという経緯なのでね。

やっぱり、2部も、ワンマンも、超大盛り上がりで、かなりスパークしちゃったなあ。

そして、終盤、学園長のSHUNさんから、ワンマンの来場者数の書いてある紙が、前回と同様渚ちゃんに渡され・・・

そこでは2,3回SHUNさんのおふざけがあり・・・

で、結果は!

なんと前回2ndを20人も上回る56人!!!

やった~!!!!

愛未ちゃん、おめでとう!!!!

青春女子学園のメンバーみんな、本当におめでとう!!!!!

会場は拍手喝采、喜びの声の渦に!

とにかく仕事を休んででも、参戦して本当によかった!と思った瞬間だった。

中にはめっちゃ来たかったけど、仕事がどうしようもなくてこれなかった人もいたと思う。

その人たちの分まで、きた人たちはみんなスパークして、会場は最高の現場になっていた。

まだ、正直言って、メンバーたちのパフォーマンスは完璧ではない。

不完全で、粗削りな部分だってある。

でも、ライブでは1回ごとに進化してきている。

それは確実に実感できるし、なんといってもこの子たちまだ青SHUN学園に入って1年も経ってないんだから、そう考えたら、これからの可能性はすごいものだよ!

応援したくなっちゃうのはあたりまえ!

↓前回、ワンマン2ndで愛未ちゃんにもらったお手製のキーホルダー
画像


↓今回、ワンマン3rdでもらった愛未ちゃんお手製ミサンガ
画像



愛未ちゃん、ありがと~!!

画像


これからもずっと応援するよ!

今回、チェキも撮ったけど、束美ちゃんの目標達成した笑顔が素晴らしい!

画像




で、いろいろ特典もらって、ツイッターのアイコンも今はこんな感じなのだ~

画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック