STAR WARSスターウォーズの観る順番 僕のお勧め

ちょっと遅くなってしまいましたが、年末に観ました「STAR WARS エピソード7 フォースの覚醒」

画像


いやあ、ミッキーマウス型のストームトゥルーパーとか、出てこなくてよかった~

画像


それにしても、まあ、面白かったですね。

つっこみどころは満載だけれど、まあ、そんなに突っ込まれるような作りのわけあるわけがないので、ちゃんと根拠はあるはず。

例えば、主人公のレイ、いったい誰の娘かはわからないけれど、誰の教えもなしにマインドトリックを使ったり、ミレニアムファルコン号を見事に操縦したり、ライトセーバーで悪役カイロ・レンを追い詰めたり、…。

おそらくルークの娘なんだろうけど、いくらフォースの覚醒とはいえ、覚醒の度合いがすごすぎる!

それから、フィン、こいつもまあライトセーバーをよくもあれだけ使いこなせるものだな~と。

もしかしたら、フィンは黒人だからマスターウィンドゥの血筋だったりして。なら、彼も、ある意味フォースの覚醒していても納得できるかな・・・

さらに悪役カイロ・レンはフォースの力でレーザー銃の銃弾を空中停止させるほどのパワーなのに、レンとの戦いの時、雪に刺さったライトセーバーをフォースで簡単に取れないどころか、レンにフォースで取られてしまう。

これとて、レンのフォースが超絶パワーだから、といえばまあ納得はできますが…

画像


でも、やっぱり、STAR WARSはSTAR WARSで。

観ていて、わくわく感は半端なかったですね。



で、ここまできて僕なりに考えた、STAR WARSの、観る順番は、というと、

玄人の人たちはよく、公開順に観るべきだ、とか、EP4,5を観た後に、EP1,2,3を回想的に観てから最後EP6でカタルシスを得る、などまあいろいろ意見はあるようだけど、

僕的には、今、これだけいろいろ作品がそろった状態で、ならば、ふつーに時代順に観るのが一番ではないか?と思うんですよね。

まず、ふつ~に『EP1ファントム・メナス』

画像


次に、これもふつ~に『EP2クローンの攻撃』

画像


ただ、この次に、映画版『クローン・ウォーズ』(クローン戦争の突入期を描いた作品)を観るべき!

画像


アナキンに、アソーカという女の子のパダワン(弟子)ができ、一緒に活躍する物語で、このアソーカが映画版にはまったく登場しないのですが、いいキャラをしていて面白い!アナキンを「すかぴょん」なんて呼んだりしちゃう、茶目っ気たっぷりのお嬢さんなんです。

画像


さあ、ここからが大変です。

次に観るべきは、映画版「クローン・ウォーズ」のさらに続編です。

TV版『クローン・ウォーズ』(シーズン1~5)

画像


これはシーズン1からシーズン5まで約30分ずつの物語が、なんと108話も!!!!あるんですが、これがまた見ごたえタップリで、僕は昨年、EP7を観るためにもう一度STAR WARSを復習するためにコツコツ観ましたよ!全話!

クローン・ウォーズはデイブ・フィローニという人が監督をしていて、実写版ではなくアニメなのですが、そのクォリティはかなり高いです。

作りこみが半端なくて、映像も、音声も、もう実写版とそれほど差を感じません!

クローン大戦では、アナキンは本当に英雄だったんだな~と感動しますし、その他の登場人物のその他の話がいろいろ面白いです。オビ・ワンの思いを寄せていた女性や、クローンたちの物語、さらにドロイドの冒険やフォースの秘密について、などなど。

で、この作品は、まだ制作途中で、ルーカスフィルムがディズニーに買収が決定し、EP7の制作が決まったことによって、中途半端なところで終わる形になってしまっています。

でも、さらにシーズン5以降の、オーダー66の秘密に迫るクライマックスの物語が描かれた作品があり、それが
次に観るべき作品である、

『クローン・ウォーズ ザ・ロスト・ミッション』

画像


ただし、このブルーレイ、日本語字幕がついていません

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語訳しかないんですよ~

でも、どうしても観たい!

AMAZONで注文して、辞書アプリ片手に、英語字幕を訳しながら観ましたよ!

このブルーレイには、約30分の物語が13話入っていて、ダース・シディアスの陰謀の謎が描かれています。

僕が、苦労してこの作品を自分なりに訳して全部見終わった後、なんと!BSのD-Lifeという無料チャンネルでこのロスト・ミッション、日本語吹き替え版で放映されたんすよね~

まあ、英語の勉強になったから、いいんだけれども(うーんプラス思考!)

さあ、そして「ロスト・ミッション」を観たら、いよいよEP3かな、・・・いやいや、僕は、こちらをお勧めします。

『STAR WARS クローン大戦vol1.2』(アニメ)

画像


画像


これは、EP2とEP3をつなぐ物語で、このアニメの最終場面が、そのまま映画EP3のオープニングにつながっていくという構成になっており、EP3のオープニングを理解するには欠かせない内容になっています。

※ただ、映画版「クローン・ウォーズ」TV版「クローン・ウォーズ」よりも先にできたものなので、それらの内容といくつか矛盾する点があります。例えば、アソーカはまったく登場しないし、このアニメではアナキンはジェダイ・マスターに任命されています(EP3を観ればわかるのですが、アナキンはジェダイ・マスターには任命されていません)。でも、それらはおいておいて、EP3は、誘拐された共和国最高議長パルパティーンを救うためにオビワンとアナキンが戦闘機で追跡する場面から始まりますが、まさにそこにつながるような話の展開になっているのです。

これらを観たら、いよいよ

『EP3 シスの復讐』

画像


アナキンがダース・ベイダーについになってしまい、銀河が帝国の支配下に置かれます。

次は、EP4?

いやいや、EP3とEP4をつなぐ物語があるんですよ!

それが、TVアニメで現在放送中(TV東京系6局ネットで毎週火曜日18:30~)の、

『STAR WARS 反乱者たち』です!

画像


ここでは、オーダー66を生き残ったジェダイであるケイナンと、孤児でフォースの強い少年エズラが活躍する、反乱同盟軍ができるまでの話を描いた物語です。

この作品ではダースベイダーが登場したり、さらにうれしいことに成長したアソーカも登場したりと、絶対見逃せない内容になっています。

僕は、これは毎週TV放送を録画してみているのでまだ途中なんだけど、DVDなどで一気に観ることも可能。

そしていよいよこの後に、

『EP4 新たなる希望』

画像


『EP5 帝国の逆襲』

画像


『EP6 ジェダイの帰還』

画像


と、時代順に観て、

現状では最後に映画館で、

『EP7 フォースの覚醒』

画像


を観るのが、一番いいと思います

よく、EP1~3はCGが派手でEP4~6にあった人間ドラマの良さがなくてダメ、なんて声も耳にしますが、いやいやEP1~3はCG技術があったからこそ実現した作品であり、見ごたえ、面白さは十分ですよね。

制作年代順ではなくなるので、この順で観ると確かに、先に作られたEP4~6はライトセーバー戦や宇宙戦の表現など迫力は落ちるのですが、それでも、それはそれでなかなかいい味を出していると思います。

これからSTAR WARS作品を観てみようという人には、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

May the Force be with you






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック