KARASIA4th@パシフィコ横浜参戦記

今年で4回目になるKARAジャパンツアーKARASIAに行って来ました。

今回は横浜会場の初日の9/24(木)とファイナル29(火)の2回、参戦しました!

初日、9/24(木)はS君という職場の同僚と一緒に参戦です。

横浜中華街で昼間からビールを飲んで、腹ごしらえして、いざパシフィコ横浜へ!

画像


席がかなり前で、始まる前からテンションMAX状態!

今回のツアーは小規模な会場が多いので、席によってはKARAのパフォーマンスを超間近で堪能することができるのですが、24日はほんとよかったです。

ライブ途中で巨大風船が客席に投げ入れられ、それが破裂すると中から小さな風船がたくさん登場!

その一つをラッキーにもゲット!

これはちゃんと家に持ってきて、こんな感じで写真も撮りました。

画像


持ってきてから1週間経ちますが、まだ、風船健全です。

ライブ自体は、ウィスパーやドリーミングガールのような初期KARAの楽曲から、サマージックやサンシャインミラクル、CUPIDのような最新の楽曲まで、バランスのよいセットリストで、最高でした。

やっぱりKARAは明るくて、癒し効果があって、明日に向かって元気がでる、そんなところが大好きです。

ライブ前は、「全然疲れませんよ~」と言っていたS君も、ペンライト振り続け&お叫びで終了後は完全燃焼してましたね~

帰りの電車の中では、幸せな脱力感で、安らかな眠りの中でした。


で、僕はファイナル29日にも仕事は休んで参戦です。

この日も、中華街で腹ごしらえ。

画像


で、その後、時間があったので山下公園を散歩し、横浜マリンタワーにもなぜか展望台に上ってしまったのでした。

画像


観覧車でさえダメな高所恐怖症の僕が、マリンタワーに上ってみようと思ったわけは、まあ、このぐらいなら大丈夫だろう、と高をくくってしまったから、なのでした。

上りのエレベーターではもう足がすくみ、展望台についてからはまるで悪夢でもみているような雰囲気に包まれ、めまいと吐き気に襲われたのでした。・・・

画像


でも、エレベーターの案内嬢の女の子は、まるでちょっとエロチックな妖精のようで、それは安らかな夢のようだったのがせめてもの救いでした。・・・

ファイナルの席は1階ではあったものの左後方で、初日に比べればかなりステージから遠い席ではありましたが、隣に座ったKAMILIAのおっさんは社交的でまるで友達のように気軽に話してくれたので面白かったです。

本当かどうかはわからないけど、大学生になる娘はもうKARAを卒業してしまって一緒には来てくれなくて残念みたいな話をしてました。

茅ヶ崎住まいで、福岡にも行ったというそのKAMILIAのおっさんは、ライブ中「すんよーん」「さいこ~!!」などと叫びまくっており、とても娘のいるお父さんには見えませんでした。

とはいえ、僕だってライブ中は、キングブレードのペンライトを振りまくり、「スンヨーン!!」「ハラちゃ~ん!!」「ギュリ~」「ヨンジファイティーン!!!」と力の限り叫びまくり、まあ、周りにはどんな風に映ってるんだろうと、まあ冷静になってはいけません。

スンヨンは、お姉さんになりましたね~。「蚊」の物まねをするような、突飛な面白さはなくなりました。

ギュリは、まあ、こちらもお姉さんですよ。日本語は上手ですが、結局、ギャグは何だったのかちょっとわかりにくかった・・・

ハラちゃんは、やっぱりファンに対するサービス精神は旺盛です。トークのコーナーで泣くのはやっぱりハラちゃんです!

で、ヨンジはかわいかったですね~で、やることも面白い!KARAメンバーも最初はあんな感じで予想外の面白パフォーマンスがあり、片言の日本語と相まって思わず笑いを誘うのがかわいらしい魅力の一つでしたが、ヨンジにはまだ若いだけあってそれがありますね。

でも、KARAのパフォーマンスは全体として質が高まっていて、ライブ自体はもう陶酔するのに十分魅力的なものでした!

ファイナルなので、今後の活動や新曲情報などあるのかな~と期待していたのですが、何もありませんでした。

けど、きっとまた日本のKAMILIAのためにイベントなどやってくれることでしょう。

今回は9月の一か月間という短い間で行ったジャパンツアー。

スンヨンが最後に言っていましたが、メンバーも、スタッフも、そしてファンもみんな、何も事故などアクシデントがなく終えることができてよかった、と。

本当に、僕もそうだと思います。

KARAの4人、本当にお疲れさまでした。

そして、愛の溢れたステージをありがとう!

感謝してます!

画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック